招き猫の楽々セカンドライフ

セカンドライフに必要なお金や暮らし方の提案

【老後対策】施設の種類とその費用

リタイヤ後の生活費のシミュレーションはすでに何度もしています。最近親の介護が必要になり始めてその試算は自分が自立生活出来る前提であったことに気づきました。

自立が出来なくなるといったいどんな所で生活し、その費用はいくらかかるのでしょうか?

調べた結果その費用は最低毎月13万円〜でした。

私も今まで全くそれらの知識はなく、今年に入り親の入所可能な施設探しを始め少し分かってきました。

"身体の状態"と"施設の種類"が絡み合って費用は決定されます。

身体の状態 介護認定

自立生活に支障が出始めると身体の状態に応じて国から介護サービスが受けられるようになります。

サービスを受ける為には介護認定がされなければなりません。地域包括支援センターなどに相談に行くと申請できます。

簡単に説明すると

  1. かかりつけ医に意見書を書いてもらい
  2. 介護認定士が自宅を訪問し調査
  3. 医師の意見書などと合わせて判断
  4. 最終的にはコンピュータにそれらデータを入力して下記の介護認定が行われる

非該当(自立)
要支援1・2
要介護1~5

という流れで認定が下りそこにケアマネージャーという介護支援者が関わり介護プランを作成していきます。

どうですか?若い人にはピンとこないし複雑で分かりづらいのではないのでしょうか。まだまだ続きますが出来るだけ簡単に書きますね。

介護認定が下りケアマネージャーさんにケアプランを作成してもらうとようやく介護サービスの開始となります。

要支援1.2
介護予防サービスが受けられる
要介護1〜5
介護保険サービスが受けられる

リハビリなどが予防サービスで
買物、食事、入浴等の介助などが保険サービス

要支援2以上の身体の状態になってくると痴呆なども出てきて1人暮らしがだんだん困難になってきます。その場合家を出て施設に入所しなければならなくなります。入所可能な施設は介護認定により限られます。

施設の種類

要支援1 入所不可
要支援2以上 グループホーム
要介護1以上 老人保険施設
要介護3以上 特別養護老人ホーム

グループホーム、老人保険施設、特別養護老人ホームは公益事業として社会福祉法人が運営しています。

この他に私企業が運営している老人ホームがありますが、高額の為ここでは検討外とします。多分お金を積めば介護認定に関係なく誰でも入所できると思います。

施設別の費用

グループホーム 
費用20万〜25万 要支援2以上
なぜ介護度合いが低くても入所出来るかと言うと、認知症を発症しているからです。但し介護認定とは別に認知症の診断が下りていないと入れません。ものわすれ外来のある病院で検査を受ける必要があります。

見学に行きましたがここが自分の親には良さそうでしたので申し込み中です。どこの施設も入所希望者が多く混雑しており、順番待ちがあり早めの申し込みが必要です。

老人保険施設 要介護1以上
費用15万〜18万
ここは期間限定の入所となります。3カ月〜6カ月後には出ていかなければなりません。なぜなら保険施設は医師がいてリハビリを行い自立生活に復帰させる事を目的とした施設だからです。

見学に行った感じでは建前とは違いずっと入所している方もおられました。

特別養護老人ホーム 要介護3以上
費用13万〜18万
終の住処ですね。最も入所待ちの方が多く遠方の施設に入所される方も多いです。

いかがだったでしょうか?

費用は資料に書かれている金額に実際かかりそうな費用もプラスして書いており、部屋は1番安いところでの試算です。

男性は健康寿命70歳、寿命は79歳なので9年間。女性は健康寿命73歳、寿命は86歳なので13年間。自立生活ができなくなります。

ですからセカンドライフの資金計画はリタイヤしてから健康寿命までとそれ以降に分けて生活費を試算しておくと良いと思います。

👋

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 原始仏教へ
にほんブログ村